商品コード: 3200

ルー・デュモン ブルゴーニュ・ブラン 2018

容量:750ml
色・タイプ:白・辛口
品種:シャルドネ

¥ 3,443円(税込)

〜日本人醸造家、仲田晃司氏が造るブルゴーニュ〜
ルー・デュモンは日本人醸造家、仲田晃司氏が単身渡仏、2000年に設立したワイナリーです。2003年には「ブルゴーニュの神様」とまで称されたアンリ・ジャイエ氏にワインを大絶賛されます。その時「自分自身のアイデンティティをワインに表現せよ」との薫陶を受け、「日本人であるということ」「自然と人間に対する真摯な尊敬の念」の象徴として、「天・地・人」のエチケットが生まれました。
2017年1月にNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に取り上げられて以降話題となり、非常に品薄、完売状態が続くワインです。

ムルソー村内のACブルゴーニュ20%、ピュリニー村内のACブルゴーニュ20%、ACオート・コート・ド・ボーヌ60%のブレンド。平均樹齢30年。収穫量50/ha。天然酵母のみを使用し、樽で一次発酵、マロ発酵。シャサン社製「グラン・ファン」の新樽30%、同1~3回使用樽70%で18ヶ月間樽熟成した「本気印」のブルゴーニュ・ブランです。


<仲田晃司さん 2018年ヴィンテージレポート>
降雨量が多かった1~3月を経て、温暖な春を迎えました。
5月は雷雨が目立ちましたが、カビなどの被害は拡大せずにすみました。
温暖な気候のおかげで、2007年と2011年に次いでとても早い開花となりました。
7月にも3回雷雨に見舞われましたが、幸いコート・ドール県では大きな被害は出ませんでした。
8月に入るとさらに気温が上昇し、糖度がぐんと上がりました。
2018年は結果的に、年間平均気温が21世紀で最も高い年となりました。
カビや病気もなく、素晴らしいぶどうを収穫することができました。
かつて、1988、1989、1990と3年連続でグレートヴィンテージが続いたことがありましたが、
2018、2019、2020はその再来か、それ以上の年になりそうです。
素晴らしいヴィンテージをぜひ体感していただけましたら幸いです。